--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月27日 (日) | Edit |
意外と寒かった。太陽光に騙された。

2011年3月27日 中村学園フェニックスホール
◆この人が聞きたい 三三・馬石二人会

古今亭きょう介「子ほめ」
柳家三三「釜泥」
隅田川馬石「中村仲蔵」
仲入り
隅田川馬石「元犬」
柳家三三「高砂や」


本当に学校だった!
大学の大教室みたいな椅子でそわそわします。つるつるします。

きょう介
なんか目がキラキラしてんな。
八っつあんがご隠居の家に入った瞬間は「お?」と思いました。

馬石
夜に独演会で『柳田格之進』のネタ下ろしがあるから手を抜くんじゃ、なんて三三に言われてたところに『中村仲蔵』ときたもんだ。すげえ!容赦ねぇ!可愛い!(?)
ていうか『中村仲蔵』と『元犬』って「すぐわかるシリーズ 隅田川馬石」といった感じ。馬石さんてどういう噺家さん?って聞かれたら多分「『中村仲蔵』と『元犬』聴きなさい」って言うもん。まぁ誰にもそんなこと聞かれませんけど。ああでも「『鰍沢』と『堀之内』」とかも捨てがたい…聞かれませんけど。
『元犬』は確か去年の夏に聴いてすごい面白くて、白馬石たんのかわいらしさを再確認した演目なのですが、より笑いどころが増えていて、爆笑ネタ…は言い過ぎだけども、とても笑えるネタになってました。犬のかわいさを強調してきやがった!
結構そこここすっ飛ばしてたけど、15分の寄席サイズなのかな?
『中村仲蔵』は、前よりも舞台上の仲蔵が鮮明にイメージできました。白と、赤と、黒の3色なんだけど、3色刷りじゃなくてフルカラー。黒の濃淡や赤の濃淡まであるから。

三三
普通だった!二人会とかで比較するのは好きじゃないんだけれども、馬石たんのインパクトに隠れてしまった感。
…はっ!わざと?
確かに、『中村仲蔵』と『元犬』だけでかなりお腹いっぱいな風ではありました。ああそうかもしんないわざとかもしんない。
無理やり前方のネタ使って失敗してみたり、マクラでかみかみだったりはわざとじゃないと思うけど!


ばふんの会も行きたかったんだけれども、諸事情で断念。映画観るのも間に合わなかったし。
柳田聴きたかったけど。まぁそのうち日暮里でやってくれるに違いない。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
同感
馬石たん可愛かったデスネ。
目が輝き過ぎていて、少女マンガがちらつきかけました。
でも本当に素敵でした。

おっといけない!
三三フリークだった。
今日だめなんですって2回言ってましたよね。
なんだか妙に、昨日疲れたんですって聞こえてしまって、、、こんな日もあるんだなって思ったんですが、、、
策略ですか!
確かに、あり得なくもない。

奥が深いですね。

してやられたり。


2011/03/28(Mon) 01:32 | URL  | みーみ #-[ 編集]
はむかつ。
あ、やっぱりだめなんですって言ってたんですか。
なんか聞き取れませんでした!

策略かどうかは本人のみぞ知るですねー。
そこがまた落語の面白いとこ、というかこうあーだこーだ考えながら聴く楽しさだったりするのかもなぁなんて思います。

馬石たんはかわいいのでもう仕方がないと思います。
2011/03/29(Tue) 01:02 | URL  | mico #-[ 編集]
ヒレカツ。
馬石たんかわいいですね。もはや認めざるを得ない。馬石たんはかわいい!もちろんかわいいだけじゃないけど。


中村仲蔵ステキでした。

ぼくの中で馬石たんの評価急上昇してますよ。


そして元犬。


馬石たんかわいいです!
白い犬を見たら「馬石た~ん♪」と呼んでしまいそうです。



なんかおれキモイですね…。
2011/03/29(Tue) 05:18 | URL  | ケン #-[ 編集]
ごめんなさい
昨日の当方のメモを見ないか、見ても怒らないでください。
最近の仲蔵噺に、ちょっと怒を持ってっていますので。
2011/03/29(Tue) 06:17 | URL  | 寅 #-[ 編集]
その実、吉牛。
>ケンさま

馬石たんの人気は老若男女!
でも、さすがに白犬見かけては「馬石た~ん♪」はやりすぎだと思います…!
私でもしません!
2011/03/29(Tue) 23:18 | URL  | mico #-[ 編集]
とんでもない!
>寅さま

あ、すでに昨晩のうちに拝読いたしました!

そんな、ほかの人の評が自分と違ったくらいで腹をたてるようなおあにいさんとはおあにいさんの出来がすこおしばかり違いますよ!使い方あってますか。
といいますか、『中村仲蔵』は馬石さんでしか聴いたことがないんですよね。
なので、まったく感想が違っても当然だと思います。むしろ、寅さんの感想で「ほー」と言った感じで勉強させてもらいました。

んー、どこかに志ん朝の『中村仲蔵』があった気がします。でもなくしてしまった1巻上がそれだった気もします。
2011/03/29(Tue) 23:24 | URL  | mico #-[ 編集]
さかえや
やっぱり、「北村薫」で、抜け殻に・・・
そんな感じでした。
トリネタに「高砂や」はねぇ・・
明日の独演会は、期待します!
2011/03/30(Wed) 08:00 | URL  | モギ #-[ 編集]
関内!
まぁ、確かに前日の北村薫2公演は、全力も全力だったでしょうしね。
でもあそこで「トリネタ的なのをやらなきゃ!」ってコンディション見誤って撃沈するよりは、やはりプロかな、と!いうことに!

明日は私も、1都跨いで聴きに行きますよー。
遠いー。でも中華街近いんですね!ちょっと観光気分で早めに行こうかなー。

で、結局ラーメンというオチだと思います。
2011/03/30(Wed) 11:07 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。