--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月16日 (土) | Edit |
方々迷惑をかけて今日も落語会!
来週もっとやばい。再来週もやばい。困ったな。5月の下旬頃から人様に迷惑かけずに来れるようになる予定なんだけど。

2011年4月14日 JTアートホールアフィニス
◆J亭落語会 桃月庵白酒独演会

金原亭馬吉「替り目」
桃月庵白酒「花見の仇討」
仲入り
桃月庵白酒「寝床」


馬吉
なんだろうあの静けさは…。
「前座15分ののち真打登場」と思っている客席の戸惑いというか、悪く言えば苛立ちというか。
別に馬吉さんが悪いわけじゃ全然ないんだけど。マクラが長めだったこととか、『変わり目』が最後までだったこととか、なんかそういうのが全部悪い方に行ってたような。一番最初に「この会は前座なしで、二つ目が開口一番でしっかり1席務めさせていただきます」 って言えば違っていたのかもしれず。しっかり1席ってのも変だけど。

馬吉さんはというと、らくごカフェで聴くことがほとんどで、ああいう広いところで聴く機会が少ないので新鮮でした。でも遠くて表情が見えないと、魅力減に感じました。ということは、普段は表情とかでかなり楽しませててもらっているということかな。

白酒
『花見の仇討』も『寝床』も初めて聴いたけれども、他と全然違う感じ。あらすじが違うとか登場人物の設定が違うっていうんじゃなくて、なんだろうな、強弱っていうのかな?ポイントを置く部分が違う。
時事ネタもたくさん入っていて、ああいうのって今じゃなきゃ聴けない!という煽りになるよね。この状況、白酒ならどういじるんだろう、って足を運びたくなってしまう。クリスマスイブとかも「白酒がどんな風に毒づいてくれるんだろう、行かなきゃ」みたいな。
『寝床』は、今まで聴いた中で一番、繁蔵が正直だった。それだけに旦那が不憫であった。


いやしかしJTビルは節電のにおいがあまりしなかった!
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。