--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月20日 (金) | Edit |
数独の面白さがわからないわからないと言いながら毎日挑むも、3日で1マスも埋まらなかった。
面白さはわからないけど、毎日挑んでしまう。
今日になって1マス埋まったら、あとはホイホイ進んでクリアできた。そのまま次のゲームをスタート。
何が面白いのかなぁ。

2011年5月19日 国立演芸場
◆第22回 白酒ひとり

林家扇「金明竹」
桃月庵白酒「万病円」
桃月庵白酒「お化け長屋」
仲入り
桃月庵白酒「甲府い」

45分についたら「50分から前座あるよ」って張り出してあって慌てる。聞いてないし!


言い立ては聴き取れなくてもいいけど、言い立て以外が聴き取れないのはよくないと思いました。

白酒
マクラについては書けません。今回のマクラは前回と比べて随分と調子がよい感じでしたが、調べたら前回は震災の2週間後くらいでした。あの時期は噺家さんたちみんな手さぐりだったよね。
周りの人たちが『万病円』を「あの噺なに?」と言っているなか、なんと私はあの噺を聴いたことがあるのです!自慢!自慢になるのか?!小三太だぞ?!
意地の悪い侍が白酒によく似合っておかしい。前半はちょっと丸め込まれる側の人たちが可哀そうになるけど。まんじゅう食べたくなった。我慢したけど。
そして『お化け長屋』熱演。
いやー、面白かった。もともと面白い噺だけど、もう1段階上の面白さがあったというか。二人目の来訪者がまたいじわるで白酒らしい。泣きそうになりながら最後まで頑張るモクさんがいじらしい。
3分に1回笑いを、を目指しているかのようでした。実際それくらい笑った気がする。しかも何回聴いても笑えそうだなー。夏のうちにもう一度くらい聴きたい。
そんで『甲府い』。『お化け長屋』とはうって変わって、良い噺だけど笑える場面は少ないお噺だけども、そんな中でも色々と面白くしようとしている感じでした。
途中で噺を完全に止めて、ちょっとマクラ的な面白い話を入れるのは、この前の月極で雲助もやってたなー。
ちょっと『お化け長屋』で燃え尽きてお疲れだった感は否めないけれども。

次回は9月だそうです。演芸場に移ってもでもチケ争奪。それも仕方ないと思える公演でした。


ぴあが主催でやっている「rakugoオルタナティブ」というシリーズ公演、第4回が「マクラ王」というタイトルで白酒・兼好・歌之介という素敵メンバーなんだけれども、「マクラ王」とかいうタイトルにしちゃって、客が「面白いマクラ聴かせて!」って鼻息荒く集まったら、白酒も兼好もいまいち輝けない気がする。会場広いし。歌之介は輝く。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
この日のチケット無駄にしちゃった悔しさを、今日の池袋千秋楽で晴らしてきました。
雲助一門、勢ぞろい! いいな~。龍玉さんも、すごく良くなってた。
権太楼師匠もお元気になられて、何より。
2011/05/20(Fri) 21:49 | URL  | モギ #-[ 編集]
一門会風!
おー、いいないいな。
私も行けばよかった!三三が鈴本休演という時点でで戦意喪失してましたが、池袋の雲助一門勢ぞろいがあったのでしたねー。くー!

寄席の龍玉さん、いいですよねぇ。
個人的に、『子ほめ』は龍玉さんが一番です。
あ、6上鈴本、龍玉さんいるじゃないですか。これはやはり行かねばー。
2011/05/20(Fri) 23:09 | URL  | mico #-[ 編集]
6月上席、馬石さんリベンジのトリ、行かなくちゃいけません!
だけど、池袋もあるのです~@@
日程調整が微妙~~。
(なんたる 掛け持ち! 三三さん)
2011/05/21(Sat) 13:40 | URL  | モギ #-[ 編集]
なんたる掛け持ち!
>もぎさま

池袋がなければ、鈴本2回くらい…と思うんですけどねー。
池袋はトリが左龍さんだし、絶対良い雰囲気の興行になると思うと、1回は行きたい気がします!
なんとか1回ずつ行ければ。
行けそうに日が休演になりませんように。
2011/05/21(Sat) 21:28 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。