--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月29日 (日) | Edit |
(`ε´)<はーい、久しぶりに茶番はじめますよー。

三三<…これ、前回よくも悪くも全くの無反応で、もうこりごりだ!とか言ってませんでしたっけ。

(`ε´)<言ってない!

三三<はい。

(`ε´)<まずはこれを見てもらおうか。

生写真

(`ε´)<この写真を目の前にして「私はアイドルです」と言え!

三三<スポンサーの意向です。

(`ε´)<ノリノリじゃないか!

三三<お仕事です。

(`ε´#)<写真集当たらなかったじゃないか!!

三三<倍率200倍でしたからねぇ、すみません。でも惜しかったですね。

(`ε´)<惜しかったよ!隣の隣のおじさんが当たったよ!よし、売りましょう。

三三<売りません。

(`ε´)<ケチ。まぁいいわ。今日はここまで!

三三<短いですね。

(`ε´)<意外とネタがなかったのよ!とりあえず、アイドルで売るには、今日は高座が良すぎたわよ!あんた噺家しかないわよ!アイドルは無理よ!

三三<そろそろ怒られますよ。

(`ε´;;)<誰に!ちなみに私は左から2枚目が好きです。引き延ばしてパネルにしていいですか。

三三<勘弁してください。


今日は前置きが長いぞう

まぁなんというか、今日のこの興行はスペシャルな感じで。
まず木戸銭がスペシャルプライス!5,000円!たっか!お弁当付き?
でも、日本橋三井ホールの落語公演はみんな5000円らしいので、ショバ代なんだろう。

こんなキャワキャワな宣伝動画があったり。
http://www.youtube.com/watch?v=10CHcpxeF_E
甘納豆おいしいです。
この動画だけでもごはん2杯くらいは美味しくいただけるのですが、これをもう一歩ね、大根の葉っぱとか捨てるのもったいないよね的精神でね、「これ食べてください、とスタッフから甘納豆を渡されて少し戸惑う三三」とか妄想することでもう2杯いけるよね。

でもねー。なんかねー。
「三三らくご」ってタイトルがあんまり気にいらないんだよねー。
「志の輔らくご」ってさ、確か志の輔が思うところあって、自分の落語はいわゆる「落語」じゃなくて「志の輔らくご」なんだってネーミングしたはずなんだよね。
なのでちょっと、もう行く前から斜に構えた感じで。どれどれフジテレビお手並み拝見、くらいの。上から目線。

2011年5月29日 日本橋三井ホール
◆柳家三三独演会 三三らくごIN日本橋 吉原あれこれ

柳家三三 ご挨拶
スクイーズ・ハジキーズ 長唄三味線
柳家三三「明烏」
仲入り
柳家三三「唐茄子屋政談」


この企画の狙いがなんとなく不思議でした。
三三のネタ出しが『明烏』、談春にいたっては2席ともネタ出しでしかも『百川』『紺屋高尾』と、どれもファンにとってはおなじみの演目だと思う。「高いし、どっちも最近聴いたからいっか」と言って行かなかった談春ファンは結構いたんじゃなかろうか。三三の方は、もう一席はお楽しみだからまだしも。
なので、多分固定客は狙ってないんだろうなぁ。新規煽って行こうみたいな感じなのかなぁ、となんとなく落ち着きない感じがしていました。

そしたらなんか、前日に昼夜で公演のあった「談春らくご」の報告が「四神剣が立ってた!」とか「会場の窓から百川が見えた」(誇張)とか、なんかえらい盛り上がっていたので、なるほど、と。
そういう企画だったのかー。
日本橋三井ホールが江戸時代にタイムスリップ、当代人気噺家が江戸の世界をご案内。
チラシみただけじゃわからんー。もっと前面に押し出せば「お、何かご趣向が?」って感じで固定客も集まったかもしれんのに。あ、固定客要らないですかそうですか。

さて初めてのCOREDO室町、日本橋三井ホール。駅直結ありがてえありがてえ。
もぎってもらったあとにエスカレータに乗りますが、エスカレータ到着地点にいる男性が「ただいまご入場されます皆様に三三師匠のサイン入り生写真をお配りしておりまーす」。
えー、なにそれふざけてるの生写真とか竹下通りかよここは。まぁもらうけどね。一番右の写真が、全員に配られたものです。

ちょっと頬を赤らめながら押し頂き、そそくさと鞄にしまって会場入り口に向かおうとしましたら、想定外の障害物が!両脇に三三の写真が並んでいます。写真展?!
どうやら、三三が日本橋から吉原までご案内します的なストーリーで撮られた写真、12枚くらいが私を威嚇する!恥ずかしくて凝視できない!ちら見!ちら見!ちょっとどいて見えないじゃない!
そんな挙動不審っぷりを発揮しながら進みますと、またもや関門が。
東日本大震災義捐金ということで、200円寄付すると生写真を1枚もらえるらしい。6種類!1200円!と思ったら、メッセージの文字色違いがあるので、写真自体は3種類。1000円出して3種類買う。それが上の、左3枚。どうよこのアイドルっぷり。まじニヤけるわまじで。

会場はどうだったんだろう。前の方だったんで、見にくいとかはありませんでしたが、席番号が椅子の後ろにしかないので、座席探すのが面倒だった。

京鹿子娘道成寺の出囃子で、三三が洋服で出てきたときの会場中の「洋服?!」という雰囲気がとても面白かった。600人が同時に同じことを思うと、空気って言うのはそうなるもんなんだ。
立ったまま色々とご挨拶などされまして、舞台上に作られた見返り柳と大門のオブジェについて説明をしたりしなかったり。
写真のこともここでわだかまりが溶けました。キャノンが付いていたらしい。
キャノンが付いてたんじゃアイドル化も仕方ない!許す!
そんで「フォトプレッソ」というフォトブックサービスのプロモーションとして、今回撮った写真で作ったフォトブックを3名様にプレゼント!とか当たるわけがない。私の運はもう落語研究会定連席で使い切ったのだ。

ここまで書いてまだ落語が始まらないのですが疲れてきました。

開口一番、っていうんだろうか。スクイーズ・ハジキーズ(通称スク☆ハジ)のお姉さん二人が長唄三味線。力強い。でもあんまり三三のことイケメンイケメン言わないで!お客さんが「あれ?イケメンなのかな?かっこいいかも?」とか思っちゃうじゃん!イケメンだから仕方ないけど!まじあの左から2枚目の写真とかまじイケ。

『明烏』は、相変わらず多助と源兵衛がちゃんと区別できて気持ちがいいです。多助の方が背が低いんだよ!
客席の反応がすごく良くて、自然と私もニコニコなってしまいました。

もう1席はなんだろう?吉原の噺って三三では『三枚起請』と『五人廻し』くらいしか聴いたことない。
と、わくわくしておりましたら『唐茄子屋政談』。吉原の噺なのかこれは。ギリだろギリ。セーフかアウトかつったらアウトだけどもうそんなの関係なく良かった。
あらすじは知ってたけど、聴くのは初めてだったのですっごく楽しかった。おじさんカッコいいし、若旦那は面白いくらいダメな子だった。長屋のおかみさんの件ではちょっと泣きそうになった。途中で『人情八百屋』とごっちゃになってしまい、オチで「あ、あ、おわり?!」みたいに落ちこぼれたけど。無念。次は頑張る。
三三が満喫できる噺だなぁ。あああもう明日にでももう1度聴きたい。きゅっとするわー。今日初めて落語聴いた人、三三聴いた人は恐らく100人中98人嵌るね。
若旦那がラストのギリギリまでダメなのがいいよね。人間、そんなもんだよなぁと思う。そんでダメだけど、人間は良いんだ。人間、そうだといいなぁと思う。

なんか今日の高座を聴いた後、急に江戸時代の人たちの世界とか生活が愛おしく感じられるようになりました。
300年前に、今私がいるまさにこの場所で営まれていた生活を思い浮かべてみたりしました。そういう会だったんだろうか。

見返り柳ではないけれど、会場を出るときちょっと振り返ってしまう、素敵な高座でした。
見返り柳


これ、過去最長記事じゃないかな。頑張った、私。そしてあなた。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/29(Sun) 23:48 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/30(Mon) 23:58 |   |  #[ 編集]
やはり名前も伏せるべきなんだろうか。
非公開でいただいたコメントへの返信は、どれくらい内容を伏せるべきか!

>モ○さま
負けましたかー。負けますよねぇ。+1000円の出費ですしねぇ。あくまでも義捐金ですけど!
ていうか5000円のうち1500円くらいが生写真代だと思えばいいのかー。いやよくないー。
吉原回想シーン、歌う人が多いんですか。
でも逃げたおかげで、「離さねえ」が聞けるなら問題なしです。むしろ歌うな。いや歌え。

なんか6上は鈴本も池袋も暗雲が立ち込めてきました…。
どちらか1回はと思っているのですが。馬石たんだし。

Twitterは、独り言が過ぎて日に日に痛々しくなっているので、よろしかったらなんとかしてあげてください。

>み○○さま
あらら。それは残念。
うちのレポートで少しでも行った心持になっていただければ幸いな気も一瞬しましたが、相当イケメン方向に盛っているので、真実とはかけ離れているかもしれません!

本当に色男には困ります。
弟は「あなごさん」と言って聞きませんが。
2011/05/31(Tue) 08:20 | URL  | mico #-[ 編集]
micoさん三三師匠の写真入りレポはいつ見ても面白いですね笑
in日本橋のお値段の高さはそういうところから来てるんですねー。落成記念の志の輔の時は特にそういう趣向は無かったので、何だか羨ましいです。
こういう、落語会がイベント的になっていくのは楽しくて良いなあと思いますです。さくら亭行ってみようかな……。
2011/05/31(Tue) 12:35 | URL  | 08(はち) #SjY2DhLo[ 編集]
ナイスフォローきた。
>はちさま

こんにちは!
茶番は書いているのは楽しいのに、どうやら読んでも気持ち悪いだけらしいので、そう言っていただけると調子に乗ってまたやります。

なんかこう、企画会議とか何度もやったんだろうなーみたいな感じでした。
文化祭みたいで、たまにはいいなと思います。頻繁に5000円クラス出してこられても困りますが!

さくら亭、結構見やすい会場でしたよー。お住まいが近くなら。
正楽師匠の紙切り講座とか一之輔の小咄講座とかも楽しそうですよねー。
2011/06/01(Wed) 07:36 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。