--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月03日 (日) | Edit |
7月5日までの5日間公演なので、とりあえずネタばれにならないよう、場所だけ確保。。

2011年7月3日 ル・テアトル銀座
◆志の輔らくご リバイバル

立川志の輔「大河への道」

今回もあの、会場中がしんっとして秒針の音すら許されないような、あの瞬間を味わえました。たまらん。志の輔はあれがたまらん。
わざとそういう瞬間を作っているんだろうけれども、やろうと思ってできるもんでもないよねぇ。すごいなぁ。

お話については、火曜の公演が終わったらまた少し書き足したいと思います。
検索とかで足を運んでくださった方には申し訳ございません。

**追記**
お話自体は、なんかこう無理矢理まとめたというか、こうするしかありませんみたいな、そういう感じがあったんだけれども、VTRとかマクラとかすべて含めて「あの感動を落語で伝えたかった」というのが伝わってきて、大げさに言えば「手段」としての落語の可能性というか。
ああなんか、この人はやっぱりちょっと土俵が違うな思いました。
最後のVTRでは泣かされたしね。
**追記ここまで**

そんなことよりアバクロですよアバクロ。
せっかくこんな時間に銀座にきたからということで、アバクロ行ったんですよアバクロ。
過去最高に入りにくかったね。明らかに「この見えないバリアをくぐってこれた奴にだけ見せてやってもいいぜ」的空気っていうか匂いがエントランスの外まで流れてきている。
勇気を出して入ったところで、そこにはTシャツの1枚も置いておらず、エレベータ2基と上半身裸のイケメンとモデル体型の美女がいるだけで、5分で鼻が曲がろうかという、いやその香り自体は嫌いじゃないんだけれども、きつすぎる。そこで逃げ出さなかった自分にご褒美ということでシャツを1枚買ってきました。

書こうと思うといくらでもレポート書けるんだけど、そういうブログじゃないことを思い出した。
まだ鼻の奥がイガイガする。でもかなり面白かった。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/04(Mon) 13:02 |   |  #[ 編集]
Re:志の輔リバイバル
○○夢さま

暑いですねー。
実は途中、やや意識が途切れたりしたのですけれども、1席でも満足な公演でした。高いですけど!

お手洗いに立つ方、私が行った回にもいらっしゃいました。
普通、仲入り見込みますものねぇ。
手拭いは、可愛いな、と思うのは売り切れでした。
アバクロはまぁなんといいますか、是非とお勧めできるものでもありませんが、話の種には十分すぎる面白さがありますので、是非笑。
2011/07/05(Tue) 23:17 | URL  | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/06(Wed) 10:28 |   |  #[ 編集]
大河へのチケットは。
○○夢さま

パルコの先行でとりました。
正月の公演は先行全部パスして一般で挑戦して完敗だったので…。

そうですねー。
噺だけ取り出して考えたら、うーんって感じなんですよね。
でもやっぱり、噺を作るまでの経緯含むマクラから、最後の映像から、全部含めて志の輔らくごなんだろうな、と思うとエンターテイメントとしては十分楽しんだなーと思います。

あ、まだ感想書いてないんだった。
溜めすぎてます。
2011/07/06(Wed) 21:49 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。