--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月12日 (火) | Edit |
昨日発生した「真夏の初日に鰍沢事件」は、花鳥の感触が良かったので、キャラが被る故うっかり見失いそうになった『鰍沢』のお熊のキャラを確認する作業だったんじゃなかろうかという素人の自己満足見解。

2011年7月12日 鈴本演芸場
◆7月中席 夜の部

柳家さん坊「真田小僧」
柳家初花「金明竹」
柳家小菊 粋曲
柳家一琴「のっぺらぼう」
春風亭正朝「初音の鼓」
翁家和楽社中 太神楽曲芸
入船亭扇辰「茄子娘」
五街道雲助「壷算」
仲入り
大瀬ゆめじうたじ 漫才
花島世津子 マジック
柳家三三「五貫裁き」


なんとか扇辰さんまでにはと思っていたのですが、早期離脱で開演前に到着。日頃の行い。というか、その分次が厳しくなったので、喜んで良いのか難しいところ。3連休のどこかには。

さん坊
なにあれかわいい。ちょっと注目したい(外見重視)。
いや『真田小僧』も、顔がそっくりな親子って感じで良かった。

初花
心の中でセサミストリートと呼んでいるのは内緒だ。
時間足りなかったのかな?という印象。

一琴
あれ?一琴師匠、実は初めてかも?
Twitterでツイートをよく見かけたり、三之助のラジオで声を聴いたりしているもんで、なんか親しみを持っていたのですがまさかの初会合。
寄席って感じがすごくする高座だったなぁ。いいなぁ。

正朝
あんまり好きな噺じゃないんだな。

扇辰
夏だ。茄子娘だ。
すっごいばかばかしい噺なんだけど、娘を呼ぶ時の和尚さんの表情ったら。
一瞬、人情噺かと思うよね。

雲助
三三の『壷算』に出てくる飴玉のくだり、あれの馬バージョンがマクラに。ほうほう、エピソード自体は元々あったのかぁ。
主の表情がたまらなく可笑しい。
冒頭の二人のやりとりも、ただの導入部ではなく、余すことなく面白かった。

三三
一番最初に一文を八っつあんが持って行った時の徳力屋の様子に、こんだけ聴いてて今更にもほどがあるんだけれども「この人上手だなぁ」と思いました。改めて思った。
八っつあんと大家さんの会話のテンポの良さとか、大家さんの啖呵のかっこよさとか、所々に散りばめられたクスクスとか、どこを切り取っても抜かりがない。
それだけにまぁやっぱりオチが気になるんだけど。談志のオチがバッドエンドなんだっけ?忘れちゃった。前に調べたんだけどな。

しかし今日はすごく「三三を聴きに来たお客さん」が多かった感じがする。あ、私ですか。そうですね。なんかやたら三三に優しかったような。
そして世津子は今日もかわいらしかった。

ちなみに2上池袋主任のときの演目は
五貫裁き二番煎じ富久笠碁明烏花見の仇討藪入りお化け長屋崇徳院夢金でした。
なんとなくこの辺かなー、という予想。予想になってないけど。

久しぶりの寄席では、持ち時間15分というリズムがとても心地よかったです。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
たいてい、鈴本夜の主任が上がるのは、8時10分。
なのに、この中席は、8時上がり。きっちり40分の持ち時間。

このあたりに、ネタ予想のヒントは~?(笑)
2011/07/13(Wed) 17:34 | URL  | モギ #-[ 編集]
当たっても賞品なし予想。
モギさま

あー、そうなのですか。8時10分かぁ。
昨晩は8時35分に終わったので「短かった!」と思ったのですが、それでも長かったんですね!
『豊志賀』、マクラなしほぼ30分だったので寄席トリでもあるかもしれませんねー。

というわけで明日は豊志賀だと思います!てきとー。どうせ当たらないからー。
2011/07/13(Wed) 23:28 | URL  | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/14(Thu) 23:20 |   |  #[ 編集]
Re: 不動坊
も○さま

おっと、記事と入れ違いでした。
私もまた行っちゃいました笑

そうそう、番台のやりとりも面白かったですねー!
ああいうテンポのいいリズミカルなやりとりって、三三は本当に魅力的だと思います。長屋で一番信頼されている吉さんがアレとか、あの長屋終わってますね!

それにしても泣きすぎです。
好きだから構わないですけどね…!
2011/07/14(Thu) 23:34 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。