--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月20日 (水) | Edit |
最終的には9割以上席が埋まっていたような。
そのうちどれくらいが団体の人たちだったのかわからないけど。

2011年7月20日 鈴本演芸場
◆7月中席 夜の部

柳家緑太 「たらちね」
古今亭駒次 「恋の付け焼刃」
柳家紫文 粋曲
柳家一琴 「初天神」
春風亭正朝 「町内の若い衆」
翁家和楽社中 太神楽曲芸
柳家喜多八 「代書屋」
五街道雲助 「強情灸」
仲入り
大瀬ゆめじうたじ 漫才
花島世津子 マジック
柳家三三 「妾馬」


緑太
前座らしい爽やかさや好感度がないのはなんでだ。

駒次
日本神話やイソップ童話で彼女の機嫌をとる話。(タイトル教えていただきありがとうございました!)
あやちゃんの家に行ったあたりから面白かった。
駒次さんて10分でやる『宿屋の富』と紙芝居しか聴いたことがなくて、初めてまともなのを聴きました。新作だけど。喋り方が菊六さんに似てる気がする。

一琴
すっごく面白かったー。金坊の真顔がかなりツボでした。
でも客席後方まではあの顔力も届かなかったか。

正朝
女房がトドすぎておかしい。でもあんまりトドすぎるとオチに説得力がなくなって難しいよね。

喜多八
これもあんまりウケない。いや別に、面白いと思う場所とか人それぞれだし、楽屋ネタじゃない限りよく落語を聴く人と初めて聴く人にそう違いはないと思うんだけど。
まぁ喜多八さんは聴き取りにくいところがあるからそういうことなのかも。
しかし『代書屋』って面白いよねぇ。噺がとかじゃなくて、出てくる2人が全然違っていて、噺家さんの表情がくるくる変わるのを見ているのが本当に楽しい。そういや私が落語に嵌ったきっかけが『代書屋』だったっけ。

雲助
これもあんまりウケ(略
まぁ雲助も聴き取りにくいところがあるからなぁ。

三三
予想を裏切るを裏切って『船徳』、が私の予想だったのですがまぁ外れるよね。
ここまで、落語より色物さんの方が大人気状態できたので、『妾馬』とわかった時には「ああああああどうなのそのチョイス!」と素人考えで思ったのですが、やっぱりプロは違いますね。当たり前だけど。
まずマクラが2本立てで客席大うけでした。鉄板の学校寄席~寿限無編と、最近ほっとしたニュース。
そっから乗っけて八五郎が大家さんに呼ばれるところから始まる『妾馬』もみんなよく笑っていました。『妾馬』ってこんなに笑いどころが多い噺だったのか!と正直びっくりしました。私が悪かった。
なんかこうすごく楽しい雰囲気だった。お客さんが少ないのも寄席って感じがして好きだけれども、大勢入っていてみんな楽しそうに過ごしているのもまた寄席っぽくていいなと思います。

思ったよりも回数行けて良かった。2上の池袋と違って席取りストレスとかなかったし。
7下鈴本夜も行きたいなぁ。1回は行こう。扇辰さんを聴きに行こう。
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
終わった~~!
お疲れさまでした~。
昨日は、途中からどんどん増えた..という、ちょっと変わった客席でしたね。
団体さん、サラリーマンのようでしたね。
雲助師匠は、誰でもわかる「強情灸」
そして、「妾馬」。
マクラ、長かったですね!
あんなに長くなければ、「井戸替え」からやれたのに~~。。
ご本人も、「マクラ長くて時間もったいない、って思われてる..」って言ってましたね、
「サービス寿限無」で。
でも、昨日の客層、あれがベストの持っていき方でしたね。

さて、今日、明日は大阪繁昌亭で、桂吉弥と二人会。
今日はネタ出しされてる「転宅」と、なんでしょう?
今日こそ、「船徳」?
2011/07/21(Thu) 08:30 | URL  | モギ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/21(Thu) 22:06 |   |  #[ 編集]
抜け殻です。
モギさま

こんばんはー。
定席のトリは、本人にとっても一大イベントなのでしょうけれども、私どもにとっても大イベントですねぇ。
ええもう抜け殻のようです。満足しました。鰍沢聴きたかったけど。

私も「ブリ…(´・ω・)」と思いました。
でもきっとベストなんでしょうねぇ。寄席の面白さと難しさなんだと思います。

まさか大阪行かれるのですか!
転宅がネタ出しだとすると、豊志賀に3000点。名古屋セット。
二人会だから、吉弥さんのネタにもよるんでしょうけどねー。とりあえず、鰍沢と芝浜はないと思います。
2011/07/21(Thu) 22:51 | URL  | mico #-[ 編集]
か、かじかざわ!
h○○○○さま

こんばんは!再訪ありがとうございます!

鰍沢聴かれましたかー。いいないいな。羨ましい…!
真顔でカメラマン威嚇とかちょっと今想像しただけで鼻血出そうになりました。ごちそうさまです。

妾馬は、私も好きですが前日があの芝浜だっただけに拍子抜けしなかったといえば嘘になります。
でも、楽日だろうがなんだろうが、ああやって楽しみにいらしているお客さんには関係ありませんものねぇ。突然真夏に鰍沢も寄席ならではですが、これもまた寄席ってことですよねー。

それにしても鰍沢羨ましい(しつこい)。
よろしかったらまた素敵レポートなんぞお願いします!ごはんが3杯食べられるくらいの!
2011/07/21(Thu) 23:06 | URL  | mico #-[ 編集]
鈴本演芸場主任
終わってしまいましたね…(T_T)



自分は3回行って、それぞれ楽しい会ではあったのですが、芝浜聴けなかったことの敗北感の方が今は大きいです。ミコ様のことを逆恨みしてしまいそうな勢いです。ごめんちゃい!
2011/07/21(Thu) 23:39 | URL  | ケン #-[ 編集]
キモキモ
ケンさま

三三の代わりに恨まれるならば、本望です…!
2011/07/22(Fri) 00:24 | URL  | mico #-[ 編集]
大阪
昨日は「転宅」と、「高砂や」だったそうです。
で、意外なのは、「高砂や」のほうが受けていた、ということ。
あ、私じゃないですよ、行った友人からの話です(笑)
ちょうど、天神祭のお囃子が、風に乗って流れてくる時期。
「転宅」の妾宅の説明のなかに、「祭囃子も聞こえてきて...」と、入れて、喝采だったそうです。
2011/07/22(Fri) 08:43 | URL  | モギ #-[ 編集]
ぬたとハムカツ。
モギさま

こんにちはー。
おー、転宅と高砂やですか。レポートありがとうございます!
ここのところしばらく『高砂や』を聴かないので、八っつあんがのろけるところとか思い出してちょっとニヤけました。自家発電。
ハムカツは大阪にもあるんでしょうかね。

祭囃子の一言だけで、こうぐっと季節が出ますねぇ。素敵すぎてびびります。
2011/07/22(Fri) 09:21 | URL  | mico #-[ 編集]
ちょいとおせっかい
こんばんは。

【恋の付け焼刃】
駒次さんの題目です。

変わらずの走りっぷりですね。
これからも楽しみにしてます~♪
2011/07/22(Fri) 22:55 | URL  | ももたこ #-[ 編集]
ももたこさんだ!
ももたこさま

こんばんはー。ご無沙汰しております。最近の落語生活はいかがでしょうか。
題目ありがとうございました!こそっとなおしました。

8月は走りたくとも走れないんです…。
家で毎日『ドキュメンタリー 小三治』を観ます。
2011/07/23(Sat) 00:22 | URL  | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/23(Sat) 01:33 |   |  #[ 編集]
大阪!
み○○さま

こんにちはー。
大阪行かれたのですか?!いいなぁ。一度三三@大阪を観てみたいです。
まぁ何が違うってわけじゃないでしょうけれども…。

そして演目ご報告ありがとうございます!
お話聞いているだけでまた三三観に行きたくなりますなぁ。繁昌亭も出られていたようですね。
『青菜』は未だにちょっと聴きどころがわからない噺なので、その吉弥さんの『青菜』も気になるるるる。

遠征してみたいなあ!
2011/07/23(Sat) 09:57 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。