--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月04日 (日) | Edit |
うー
たまってるたまってる

2011年8月31日 池袋演芸場
◆噺坂

柳家おじさん「狸札」
柳家三三「マサヒロ」
柳亭左龍「栗橋宿」
仲入り
古今亭菊之丞「品川心中」
柳家甚語楼「小言幸兵衛」


当日券を買って挑んだ池袋演芸場八月余一会。
某カフェの『芝居の喧嘩』とめちゃくちゃ悩んだけど、途中退室で梯子するほどのお財布の余裕はなかった。だって『芝居の喧嘩』やで。

おじさん
もう最近は出てきただけで顔が狸に見える!

三三
珍しく新作。三三作だとかいう噂。でもなんかあんまり新作って感じがしないのはなんでだろうか。
無駄に啖呵がカッコいい。無駄にじゃないけど!短いし軽いから、話の内容がどうこうというんではなく、ぼんやり楽しめるなーという印象でした。寄席でやるのは難しいのかな?
冒頭のワイドショー的部分はなんとなくハラハラしたけど。あさイチのぶーちゃんに関しては私も気になっているところです。

左龍
おみながなんとなーく嫌な女に見えてしまいました。
久蔵から色々聞きだすところも必死すぎるし、伴蔵と喧嘩するところもなんかこう伴蔵にどうして欲しいのかわからなくてイライラするし。でも多分そういう演出なんだろうな。いわゆる「女」って感じ。あまり賢くない。
でもイライラしたからこそ、左龍の『栗橋宿』って…と、記憶に残るんだと思う。

菊之丞
逆に、この日の菊之丞さんの高座は数日経って思い出すと特筆すべき感想がない。
でもすごく楽しくて、あっという間に時間がすぎてしまったことだけは覚えていて、ああそういうのもまた素敵な高座だよねと思います。わっと笑ってああ楽しかったなぁっていう。

甚語楼
おもしろかったー。結構前に一度聴いたきりなので噺の内容を忘れており、その展開まで楽しめました。
聴きながら心の中で思わず突っ込んでしまうのって、楽しい時間だよねぇ。「ちょ、おっさんwまてwwwww」と何度思ったことか。落語聴いたことない人に聴かせたい類のお噺。

ジャスト満員くらいだったのかな?
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。